ミニマリスト

ミニマリストと筋トレは最高の組み合わせ!3つの理由を解説

筋トレとミニマリストは最高の組み合わせ
筋トレ君
筋トレ君

よく、ミニマリストは筋トレするって聞くけどなんでなの?

こんな疑問にお答えする記事です。

本記事を読んでいただくと、なぜミニマリストは筋トレをするのか、またミニマリストと筋トレの相性についての僕の考えを元に解説していこうと思います。

本記事は

・少ないシンプルな服でも筋肉でおしゃれができる

・空いた時間で食事の準備やトレーニングの時間を確保できる

・お金をジム代やサプリ代にまわせる

の3点を解説していこうと思いますので、是非最後までお付き合いください!

ミニマリストの方も、これからミニマリストを目指したい方、さらには筋トレ好きな方全員に読んでもらいたい記事です!

ミニマリストと筋トレが最高の組み合わせである理由3つ

ミニマリストと筋トレが最高の組み合わせである理由3つ

冒頭でも説明した通り、

・少ないシンプルな服でも筋肉でおしゃれができる

・空いた時間で食事の準備やトレーニングの時間を確保できる

・お金をジム代やサプリ代にまわせる

の3点が僕の考えです。一つずつ解説していきます。

少ないシンプルな服でも筋肉でおしゃれができる

少ないシンプルな服でも筋肉でおしゃれができる

多くのミニマリストの方々は所持している服の量が少ない、あるいはバリエーションが少ないというのは有名な話です。

僕も同じで服の量は少なく、バリエーションも少なくしています。

 

少ないシンプルな服でも筋肉でおしゃれができる2

上の写真は僕自身ですが(笑)、現在肌の上に直接着るシャツはこの服4枚だけを着まわしてます。冬はこれの上に上着を着ます。

ユニクロのエアリズムというシャツですが着心地がいいので最高です。服の内容とこだわりについては別記事で後日紹介したいと思います。

僕の考えですが、よくある話やはり筋肉はお金では買えないファッションだと思います。

街中でマッチョを見かけると、「相当努力してきたんだな。かっこいい。」と素直に思います。もちろん全ての人がマッチョに対してそのような印象を持っているわけではありませんが。

僕がきている服はただの真っ黒の服ですが、少し袖を折って腕を出したりして工夫して着てます。今ではこの服が一番のお気に入りです。

やっぱり服越しに筋肉があることが分かると、かっこいいと思いますし、憧れますよね。

食事やトレーニングの時間を確保できる

食事やトレーニングの時間を確保できる

ミニマリストになる目的として、

「時間を増やす」

という考えがありますが、これは僕がミニマリストになりたいと思った理由の一つでもあります。

生活のスタイルをシンプルにすることで、意思決定の量は確実に減ります。例えば、家に帰ってトレーニングウェア何を着るか悩む時間であったり、食事は何を食べるかであったり...

ミニマリストはただ物が少ないだけでなく、生活のスタイルが毎日固定されている人が多いというのがもうひとつの特徴になります。

僕は社会人になって現時点で半年が経過しましたが、大学生の頃のように好きな時間にジムへ行って、少な時間に何回も食事をすると言った生活を送ることが困難になりました。

大学の頃は、スーパーで1時間以上何を買うか悩んだり、ジムへいこうと思ったらうっかり数時間昼寝をしてしまったりなどしても時間はあったので余裕でジムへ行けました。

しかし今のライフスタイルは、

朝7時出社→17時帰宅→18時に飯食ってジム行く→20時トレ後飯...です

そしてなんだかんだ全てを終えると21時や22時になっており、筋トレ中心の生活になってしまします。生活が筋トレに支配されてしまうと、筋トレのモチベーションが下がる原因になるのは僕の体験談でもあります。

しかし最近は着る服を固定、トレ後に食べるご飯も固定、会社から帰ってきてからの行動を全て固定化することで、今まで以上に時間を生み出すことができました。

退社時刻は同じでも、行動パターンを変えたり、服を固定したりすることで1時間も時間に余裕が生まれました。

今までどれだけだらだらしてたんや・・・って感じですが。

お金をジム代やサプリ代にまわせる

お金をジム代やサプリ代にまわせる

最後はお金についてです。

僕は幸いなことに今はお金に執着がありません。

昔の僕と言ったら、無駄に必要のないものをその時の気分で買ったり(コンビニのお菓子など)、学生時代にソーシャルゲームに100万円以上課金したり・・・

無駄に使っていたお金が多かったように感じます。

それらをやめることで、今は食事とジム関連の出費以外にお金を使うことはほとんどありません。

ジム会費は7,000円/月、サプリ代は約3,000~4,000円/月

大体毎月1万円は筋トレに使うわけです。年間にすると12万円。

昔の僕だったら、「ゲームに課金してガチャが回せるな」と考えていましたが、筋トレにお金を使う方がよっぽど有意義であることに気がつきました。

もちろんゲームに課金すること自体を否定しているわけではありませんが、今となっては虚無感しか残ってません。

僕が知っている有名なミニマリストの方々の中には、「1日1食」で過ごしている方が多いように感じます。

しかし筋トレを人生の主軸としているぼくにとっては1日1食の生活は今のところ考えてません。

なので毎日複数回の食事と十分なタンパク質の摂取を大切にしています。

ミニマルライフ&ミニマル思考で増えた時間は食事の時間を確保したり、トレーニング時間を確保することに使いましょう。

ミニマリストと筋トレの相性が最高である理由のまとめ

最後に本記事の重要ポイントをまとめます。

少ないシンプルな服でも筋肉でおしゃれができる→筋肉はお金で買えないファッション

空いた時間で食事の準備やトレーニングの時間を確保できる→忙しくてもシンプルな生活でしっかり食事の時間とトレーニングの時間を確保しよう

お金をジム代やサプリ代にまわせる→必要のないものにお金を使っていませんか?本気で筋トレを頑張りたいなら筋トレにフルコミットしよう

以上になります。

皆さんの筋トレ人生が素敵なものになりますように!

-ミニマリスト
-,

© 2021 KOU BLOG