サプリメント

プロテインを飲む意味って?飲まないと損する?!

プロテインを飲む意味
筋トレ君
筋トレ君

プロテインを飲む意味ってなんだろう?みんな飲んでるいるのは確かだけど、絶対に必要なものなのかな?

こんな疑問にお答えします。

あなたはきっと最近筋トレを始めて、プロテインを購入しようか迷っていますね。

僕も筋トレを初めた当初はプロテインに興味を持っていましたが、高くて買うのを迷っている時期がありました。

買っても、なくなったら買い直すのが面倒だったり、継続的に買うことで出費が大きくなったり...

飲む意味を理解していないと、買うことをあきらめてしまったりし、継続的に飲むことができませんよね。

なので本記事ではプロテインを飲む意味について解説します。プロテインを飲むか迷っている、またはプロテインを飲む理由を知りたいという方のためになれば幸いです。

プロテインを飲む意味

プロテインを飲む意味

プロテインを飲む意味は、

「筋肉をつけるため」

です。

見習いトレーニー
見習いトレーニー

そんなの分かってる!

しかしそれが本質なのです。

まず筋肉とプロテインの関係性について知っておく必要があります。

プロテイン=たんぱく質

これは大前提として知っておかなければならないことです。

そもそも食事から摂取するたんぱく質とサプリメントから摂取するたんぱく質(プロテイン)は何が違うのでしょうか?

一般的に固形物の食事は、食べてから消化吸収されるまで2時間ほど要すると考えられています。

一方でサプリメントとしてのプロテインは液体であるため、消化吸収されるまでにかかる時間は数十分と考えられています。

さらに運動後は栄養を取り込む能力が一時的にあがっているので、なるべく素早い栄養補給が重要となります。

筋肉が大きくなる仕組みは以下の通りです。

筋肉が大きくなる仕組み

1. 筋トレなどで筋肉に負荷がかかり破壊される
2. 筋肉が修復作業に入る
3. 破壊前より強い(大きい)筋肉になる

これを繰り返すことで目に見える変化となる。

これが基本的なサイクルですが、2のステップで、

「栄養補給」

をしなくてはいけません。

ぶっちゃけると、たんぱく質は筋肉を構築するための材料です。

たんぱく質を摂取したら筋肉がつきやすくなるのではなく、摂取しないと筋肉がつきにくくなるという考えの方が正しいのです。

ここの栄養補給の段階でたんぱく質を意識的に摂取することが大切になります。厳密には、筋肉は常に分解と合成を繰り返しています。

なので、たんぱく質は常に摂取しなくてはならない栄養素なのです。

プロテインを飲む意味【3年間飲み続けた感想】

自分の体の変化

僕は約3年前に筋トレを始めて、そこから今日まで毎日プロテインを飲んでいます。トレーニングをやらない日も、旅行などで家を離れていても常に携帯しています。

その結果、体は確実に大きくなりました。

上記右の写真は、フィジークというボディメイクのコンテストに参加した時のものですがその2年ほど前の左の写真と比べても大きく変化しました。体重はどちらの体も同じです。

もちろんこの変化の要因はトレーニング、食事など様々あります。なので一概に「プロテインを飲んだから筋肉がついた!」とは言えません。

しかし、プロテインは筋肉をつけるための必須栄養素であることは科学的に証明されている事実です。プロテインがなければここまで効率のいい栄養補給はできませんでした。

なので今後も間違いなく飲み続けます。

プロテインの「美味しい、安い」ならこれ!5ヶ月飲んだ感想!

プロテインを飲む意味【プロテインよりも大切なこと】

プロテインを飲む意味【プロテインよりも大切なこと】

飲むことを目的にするな

プロテインはたしかに筋トレ後、起床後、就寝前などの栄養補給に適していますが、飲むことを目的にしてはいけません。

僕は当初ビーレジェンドのプロテインを買っていて、それが飲みたいがために家で筋トレを20分ほど頑張っていました。

最初はプロテインを飲んだだけでなんか強くなった感じがしますよね(笑)

しかしそうなってしまうと、体の変化を感じられなかった時や、プロテインの購入をやめてしまった時、同時に筋トレもやめてしまうことが多いように感じます。

もちろん、筋トレのモチベーションがプロテインを飲むことで維持されるのならば短期的に見ると継続できるかもしれません。

しかし筋トレは長い時間をかけて結果を出していくスポーツです。長期的に見ると、プロテインを飲むことを目的としてしまうと、長くは続かないとは思いませんか?

魔法の粉ではない

一番勘違いされがちなことですが、

プロテインを飲んでも筋肉はつきません。

悲しいで現実です。必ずトレーニングとプロテインはセットとなります。

プロテインは何も特別な物質ではありません。ただ単にタンパク質が液体になっただけです。

なので冒頭でもいいましたが、たんぱく質は摂取したら筋肉がつきやすくなるのではなく、摂取しないと筋肉はつかない、という考え方に切り替えましょう。

最優先は食事

結局のところ、最重要は食事です。

筋トレをしている人が効率よく筋肉をつけたい場合はたんぱく質を約体重の2倍(グラム)摂取することが推奨されています。

栄養バランスが考えられていない食事(例えばラーメン、菓子パンなど)だと、1回の食事から摂取できるたんぱく質量はせいぜい20g 程度です。

体重70kgの人が1日にたんぱく質140g摂取しないといけないと考えると、それを3食分食べても目標の数値には達しませんね。

食事は食事でも、たんぱく質の量を意識した食事が摂取できるようになればもう一人前です。

効率よく筋肉をつける方法については別記事にまとめていますのでそちらも是非ご参照ください。

効率よく筋肉をつける方法【開始2ヶ月で10kg増量】

プロテインを飲む意味【まとめ】

プロテインを飲む意味【まとめ】

大事なポイントだけおさらいします。

ポイント

・プロテインは筋肉構築に必須な栄養素
・僕は3年間毎日飲み続けたら確実にデカくなった
・プロテインは飲むことを目的にしてはいけない、トレーニングの質が最優先
・飲んだだけでは筋肉はつかない
・日常の食事から意識的にたんぱく質を摂取しよう、プロテインあくまで補助

になります。

まだプロテインを飲んでなくてこれから飲もうか迷っている方がいたらこれを機に購入を検討してみてもいいかもしれませんね。

以上になります。最後までお読みいただきありがとうごあいました!

-サプリメント
-

© 2021 KOU BLOG